テニス観戦記

ITF100000ドル台北の結果。

  • 森田 def. 伊達 6-2 6-2

森田余裕で勝利か。まあまっとうな結果だよな。森田ここで伊達に負けるようだと、本当に将来の明るい展望が見えなくなってきちゃうだろう。伊達の技術ならば、調子がいいときならば森田の強打をいなす or カウンターで倍返しすることができたかもしれないけど、まあ連戦での疲れもあっただろうな。

さて、ATP500バーゼル決勝、フェデラー vs. 錦織。

フェデラーは相手を研究して戦うタイプだから、錦織とこういう舞台で初対戦というのは、あまり嬉しくない当たり方だろう。錦織がフェデラーの通常の戦い方の範囲で対応できる相手ならば、それでも特に問題ないけれども、本来は錦織向けにアレンジした戦術を使いたいようなタイプだったら、それなりに苦しめることができそうだ。ただ、錦織は試合中のレベルの上下(後半大幅に上がることが多い)が激しいから、どちらにしろその辺りは読みにくいだろうけど。

フェデラーはトスに勝ってレシーブを取ったそうだ。基本サーブを取りたがるフェデラーにしては珍しい。錦織のサーブゲームの弱さを知って、最初からブレイクして一気にたたきつぶしにくるつもりか?

なんだこの錦織の立ち上がりの良さ。と思ったら40-0から5ポイント連取されてブレイクされた。なんじゃそりゃ。次のフェデラーのサービスゲームは楽々キープ。次のサービスゲームは何とかキープできて、ベーグルは免れた。

ベースラインからのストロークは、十分戦えているように見える。ただ、相手の球が浅くなったときに嵩にかかって攻める能力の高さは、フェデラーがすごいな。錦織は実はちょっと浅くなった球を安定して決める能力が、トップ選手の中では結構低い方かも。ベースラインからの攻撃力は高いのに。

うーん、結局ファーストセットは1-6でフェデラーか。しかも最後はダブルフォルト。最近あんまり使っていなかった、アドサイドでポジションをだいぶワイドよりにずらして打つファーストサーブとか使っていたし、サービスゲームがだいぶ苦しいんだろうな。

せめて2-6だったら、結構戦えている感が出るんだけど、1-6だとかなり圧倒的な展開っぽくなっちゃってきつい。錦織がセカンドセットでギアを上げてこれるといいんだけど、多少の変化じゃフェデラーがたたきつぶしにきそうで怖いな。

すげーな錦織。ただのボレーじゃ間に合わないから、めっちゃスイングボレーで叩いて、なんとかキープできた。そしてだんだんストローク戦の質が上がってきたな。

やっぱりフェデラー強い。サーブもストロークもボレーも、何をやらせてもレベルが高い。錦織もセカンドセットの後半はだいぶレベルを上げてきて、特にフェデラーのサービングフォーチャンピオンシップのゲームでは、何とかブレイクポイントを握るところまではできたけど、ブレイクすること自体は阻まれたのが残念。

  • フェデラー def. 錦織 6-1 6-3

フェデラー相手だと、錦織は序盤から大事なポイント&ゲームは最終ゲーム並のクオリティを維持しないと、まともに戦えないだろうな。ただ、めいっぱいギアを上げれば十分フェデラーについていけそうではあったんで、それは今回の収穫。

ストローク戦は、普通に打ち合ってるだけだと先にものすごい球を打ち込まれてしまうし、ちょっとでも浅くなるとほぼ一発で決められてしまうから、フェデラー相手の場合は攻撃できそうな球があったら錦織の方から先に攻撃していかないとだめだな。ものすごくリスキーでプレッシャーのかかる戦いかただけど、フェデラーはそれができるプレイヤーだから、対抗するには同じことができるようにならないとだめか。

あとやっぱりサービスゲーム。ファーストサーブが入っていれば結構戦えていたけど、確率が悪すぎる(ファーストセット40%、セカンドセット51%)し、入らないときに連続して入らなすぎる。セカンドサーブは徹底して前に出て叩かれて、しかもほとんどフェデラーはミスをしてくれなかったからなー。GS決勝でフェデラーに跳ね返されたマレーも、セカンドサーブをあんな感じで叩かれていたな。

まずファーストサーブの確率の向上、あとできるならばセカンドサーブの質の向上。ただ、マレーほどのフィジカルがあってもセカンドサーブの質はなかなか向上できなかったからなー。フェデラーみたいに強いセカンドサーブはどうやったら身につくんだろう。ジョコビッチも去年後半からセカンドサーブがすごく強くなったな。キックサーブのキック量とコースの自由度が鍵なんだろうか。

ともかく、ファーストセットは全然勝ち目ないなって感じだったけど、セカンドセットは勝ち目がないなりに、かなりまともに戦えるようになっていたし、初めての対戦としてはそれなりに満足だった。ファーストセット×2みたいな感じだと、いくら相手がフェデラーでもがっかり度が高くなってしまうからな。次はもっといい戦いをして欲しい。ところで錦織はパリにも出るつもりなのかな?

ATP500バレンシア決勝の結果。

  • グラノジェルス def. モナコ 6-2 4-6 7-6(3)

グラノジェルス(って読むのね)の勝利。

ATP1000パリ予選の結果。

  • ヤング def. ニーミネン 6-4 6-2
  • セッピ def. クエリー 6-7(2) 6-1 6-1
  • マウー def. クボット 6-1 6-4
  • コールシュライバー def. クレメン 7-5 1-6 6-1
  • ヒラルド def. Paire 6-2 6-7(3) 6-4
  • スタコフスキー def. クニツィン 7-6(1) 6-7(3) 6-3

錦織の1回戦の相手は結局スタコフスキーになった。錦織の体力はどのくらい回復するだろうか。もちろん初日には試合が組まれていないから、2日目以降の試合になるけど、スイスからの移動と休息と練習が間に合うかなー。

関連する投稿:

    None Found