Home

テニス日記
テニス日記Edit

先週は土日練習ができなかったんで、筋肉疲労はだいぶ取れた。テニス観戦の方が結構ハードだったから、精神的に疲れが残っているのだが。

今週の出だしは、いつものだめなテニスサークルが団体でやってきて、人が練習や試合をやっているコートの後ろを他にも入り口があるのにわざわざ通り、しかもだらだらとだべりながら歩き、しかも途中で立ち止まって遠くのコートの奴らと話し、ととてもメンタルトレーニングに向いた日になった。

なんどもなんども人の練習の邪魔をしてコートの後ろをだらだら歩くんで、そいつらが入ってきても練習を中断するのはやめてそのままサーブ練習を続けていたら、だらだらだべりながら歩いている足下をサーブがかすめたりしたにもかかわらず、仲間内でにやにや笑いつつ特に足を速めるでもなく通り過ぎる。なんだかなー。

というのにいらいらしている状態で、安定したサーブを入れるのは本当に難しい。それでも最近だいぶメンタルコントロールができてきて、ダブルフォルトはなかなかしなくなった。ただ、最近せっかくファーストサーブの確率を上げていたのに、そこは集中しきれないことが多かった。

あと、今日はメインのラケットのガットが切れて、予備というか、最近中古で買ったんだけど、その時に普段使わないガットが張られていて、ちょっと飛びすぎてコントロールしにくいんだけど、まだ張りたてだから切ってまで張り替えるのも勿体無いなーと躊躇していたラケットに早い段階で交換した。

で、ちょっと飛びすぎることを知っているんで、いつもよりも気持ちストロークのスピン量を増やして安定させることを意識していたら、偶然いつもよりもミスが少なくコースを変えやすいペースの球になり、試合でのストローク戦がとてもやりやすかった。なるほどこのくらいの打ち方だと、ミスを減らしつつもそれなりに攻撃ができるのか。ラケットを戻してもこの感じを持続できるといいんたけど。

その他のテーマに関しては、今日はあまりにもメンタルへの試練が多すぎて、あまり意識して練習できなかった。まあ今週は比較的天候が良さそうだから、残りもちゃんと練習できるだろう。ガット忘れずに張り替えてこなきゃ。

RDS002 TOUR UL2にAK Pro 16/62ポンドで張ってきた。

Published At2011-11-08 14:16Updated At2011-11-08 14:16

テニス観戦記
テニス観戦記Edit

ATP1000パリ初日の結果。

  • ベルダスコ def. チリッチ 3-6 6-2 6-3
  • マウー def. フェレーロ 6-2 6-3
  • ベネトー def. ラオニッチ 6-7 7-6(5) 6-4
  • コールシュライバー def. ユーズニー 6-4 6-2
  • ボゴモロフJr. def. ベルッチ 4-6 7-6(4) 6-2
  • ガルシアロペス def. ヒラルド 6-4 1-6 6-4
  • マイヤー def. ステパネク 7-5 6-3
  • セッピ def. ダビデンコ 7-6(2) 7-5
  • アンダーソン def. ミュラー 6-3 4-6 6-4
  • マナリノ def. ツルスノフ 6-2 6-2
デルポトロが肩の怪我でキャンセルしたんで、かすかに可能性があった最終戦の望みもなくなった。代わりにシードの場所にラッキールーザーとしてクニツィンが入ってる。

ベルダスコ vs. チリッチはベルダスコが勝ったか。次に当たるベルディヒとの戦いは、一応ベルディヒの最終戦争いがかかっているんだけど、きわどいライバルがほぼいなくなったから、たぶんベルディヒは負けても最終戦出場はほぼ確定だな。

そして、今日のOOPも出ていて錦織 vs. スタコフスキーはコート1で現地時間11時からの2試合目。日本時間で言うと19時からの2試合目。前の試合がフォニーニ vs. ドディッグであまり長引きそうな感じがしないなー。だいたい日本時間で21時くらいからスタートになるかな。GAORAはパリマスターズを準決勝と決勝以外は生放送しないみたいなんで、ライブで見たいならTENNISTV.COMだね。あっちは1回戦からセンターコートもコート1もライブストリーミングしてくれる。

スタコフスキーとは今年の全仏で負けて以来。それ以降の錦織の成長とコートの違いとか考えると、前回の結果はあまり今回の参考にはならなそう。どちらかというと錦織の疲労の残り具合や怪我の具合と、スタコフスキーの最近の調子次第って感じかな。スタコフスキーは今回予選突破して上がってきているから、それほど調子は悪くないはずだけど、直前の数大会は1回戦負けが続いている。錦織の体調さえ問題なければあまり負ける気はしないんだけど。

Published At2011-11-08 06:51Updated At2011-11-08 06:51

技術日記
ASP.NET MVCで環境依存の設定Edit

よくあるproduction、staging、development的な環境依存の設定をASP.NETではどう書くの?という話。

Visual Studio 2010のソリューションエクスプローラーからWeb.configを見てみると、Web.Debug.configとWeb.Release.configがぶら下がって見えるんで、どうやらそんな感じで環境依存の設定をかけるっぽいね。で、具体的にどうやって書くんだろう?

Web アプリケーション プロジェクト配置の Web.config 変換構文

がその肝らしいな。.NET Framework 4って書いてあるから、これってVisual Studio 2010以降に追加された機能なのかな? それ以前はどうやっていたんだろう?

ともかく肝としては、

Locator 属性で、なんらかの方法で変更する Web.config の 1 つまたは一連の要素を指定します。 Transform 属性で、Locator 属性によって見つけられた要素に対し実行する操作を指定します。
ということらしい。仕様をまとめると、
  • 記述されたノード+xdt:Locatorという属性によって、設定値が置き換えられるターゲットを指定する
    • Condition(XPath expression)で、カレントノードからの相対XPath指定
    • Match(attrname)でカレントノード以下のノードで、指定された属性名(attrname)にマッチ(完全一致)するターゲットを指定。属性名はカンマ区切りで列挙可能
    • XPath(XPath expression)で、絶対XPath指定
    • Locatorが省略された場合は、そのノード自体が指定されたことになる
  • xdf:Transformという属性で、設定の置き換え方法を指定する
    • Replaceで単純置き換え。複数のターゲットにマッチした場合は最初の一つだけ置き換え
    • Insertで兄弟ノードとして末尾に追加
    • InsertBeforeで指定要素の直前に追加
    • InsertAfterで指定要素の直後に追加
    • Removeで指定要素を削除。複数のターゲットにマッチした場合は最初の一つだけ削除
    • RemoveAllですべての指定要素を削除
    • RemoveAttributesで指定した属性を削除。属性はカンマ区切りで複数指定可能
    • SetAttributesで指定した属性値を設定。
って感じ。

単純に環境ごとに違うDB接続設定を使いたいような場合は、環境ごとのDB接続設定をそれぞれ記述して、xdt:Transform="Replace"にしておけば丸ごと変更される。環境ごとにソフトウェアロードバランスするDBを追加したい場合なんかは、Insertで追加したりするんだろう。

具体的に別の環境設定を追加したい場合は、「構成マネージャー」から新しい環境を追加し、さらにWeb.configから「構成変換の追加」を実行すると、Web.[新しい構成名].configファイルが追加される。

ということで、試しにProductionという構成を追加して、Web.Production.configにDB接続先の設定変更を行い、Production設定でVisual Studioからビルド&実行してみたんだけど、特に何も変わらない。どゆこと?

試しに最初からあるDebugとかReleaseとかを書き換えてみたが、それでも特に変わっている様子がない。いろいろ試行錯誤した結果、このWeb.configの書き換えはVisual Studioからビルド&実行したときには行われないようだ。

「Webの発行」から適当なディレクトリに発行を行ってみたところ、ちゃんとWeb.Debug.configで書き換えた設定が反映された。でも、自前で追加したWeb.Production.configに関しては、Productionビルドして発行する設定を行っても、特に設定変更が反映されない。

方法: Web.confg の変換を無効にする」にある設定変更を反映させない方法のどれかが有効になっているんじゃないかと思ったけど、特にどれも問題がなかった。これ、自前で追加したビルド構成の設定変更を反映させるにはどうすればいいんだ?

と疑問に思うが、ひとまず目先はDebug、Releaseの二つの設定変更が有効に働いてくれれば問題がないので、これ以上の深追いはやめる。こんなしょうもないことを調べるのにもずいぶん時間がかかっているし。

Published At2011-11-07 21:07Updated At2011-11-07 21:07

ニュース記
ニュース記Edit

新サービス「はてなブログ」ベータ版を招待制でリリースしました - はてなダイアリー日記

今更ブログシステムをスクラッチから書き直したのか。確かにはてなダイアリーももう古くていまいちな感じだけど、それはもうブログというシステム自体が枯れちゃってるからじゃないのかなー。本格的にスクラッチから書き直してこれから頑張るぜってほどの将来性がブログという枠組みにはない気がする。

パーソナルCMSとかソーシャルCMS的な方向に機能を拡張しつつも、名前だけはブログと名乗っているんだったら、まだ可能性は感じるかなー。TumblrとかTwitterとかSNSとかっぽい使い方も簡単にブログっぽいシステムをハブにして実現できたり、とか。

実際どんな感じなのかちょっとだけ興味はあるけれども、今更ちゃんと使って調べてみたいというほどでもない。俺はもうブログシステムは(自由にいじれる環境に置いた)WordPress(+Twitter+Tumblr+Flickr)で満足だし。そういういくつか連携して使っているサービスが統合されて、より使いやすくなったサービスとかにはちょっと興味があるけれども、今更そんな巨大な統合サービスをはてなが始めたところで、それにロックインされたいと思わないしな。

とか言っていたら、実ははてなブログってのが、はてなの今までの企業文化からかけ離れた、アメーバブログっぽい(非技術的な)何かだったら、ある意味すごいんだけどな。有料少額課金型のHTML5アバターがサイドバーで踊っていたりとか。

そういえばyomoyomoさんがはてなダイアリーの機能が壊れているのをずっと放置されているって怒ってたけど、新システム開発してるから現システムのメンテナンスは放置中だったりしたんだろうか。スクリーンショット機能については、裏で個人サイトとかからいろいろクレームがついたりして、その対応が大変だからそっとオフにしてあるんじゃないか、とか邪推していたんだけど。

模様を汚れと間違えて掃除、芸術作品が台無しに 独美術館 国際ニュース : AFPBB News

掃除される前の画像。まあ掃除しちゃいたくなるよなー。現代芸術こわい。

NHN Japanとネイバージャパン、ライブドアの経営統合に関するお知らせ - livedoor 広報ブログ

ライブドアの技術者ってウェブサービス本部側に所属する人たちが多そうだけど、経営統合されて社名も変わった後もみんな残るんだろうか?

Published At2011-11-07 20:07Updated At2011-11-07 20:07

テニス観戦記
テニス観戦記Edit

ITF50000ドルグレイプバインで奈良が優勝した模様。奈良が結果を出したのは久しぶりか。先週の段階で168位366ポイントだったから、+70ポイントで145位くらいまであがれそう。GS本戦レベルまではまだ遠いな。

錦織がブログで決勝後のコメントを出している。

完全に負け惜しみですが実力の半分も出せませんでした。 これがフェデラーの強さですね。 久しぶりに力の差を見せつけられた試合でした。

試合に入るとフェデラーのテンポの早さについていけず。 無駄なショットがなくスキがありませんでした。 ちょっとでもあまくなり彼の間合いにボールがいくとすぐに主導権を取られます。 常にプレッシャーを与えられてる感じでした。 こんなに強いのかーと試合後は少しショックも受け、トップにいく道のりまだまだ遠いなと・・さえも思いました。

冷静に状況を分析しつつも、「実力の半分も出せませんでした」と考えているのは、逆に言うと「現在の実力でも、もっと実力を発揮できる展開に持っていければ、フェデラーとも戦える」という希望を感じていいね。

フェデラーは相手の得意なパターンをつぶす戦術を使うのが得意なプレイヤーだし、あのレベルの攻めの早さと鋭さ(とミスの少なさ)を持つ選手はツアーでもほかにはいないし(ジョコビッチ、ナダル、マレーはもっとディフェンシブな展開が多いよね)、それをめいっぱい体験できたのは、今後ああいう超トップレベルと対戦していくためには非常に有用な情報だっただろう。

準決勝1セット目のジョコビッチ、決勝のフェデラーとの戦いを思い出せば、もはやトップ4以外のトップ選手との戦いでは、それほどプレッシャーを感じなくなるんじゃないか。どんなに強い相手でもあれ(トップ4)よりはまだ甘い、と思えちゃいそう。

Published At2011-11-07 18:12Updated At2011-11-07 18:12

技術日記
WordPress Plugin Twitter Toolsで記事更新時に本文もTwitterに送りたいEdit

ここのWordPressでTwitter ToolsというTwitter連携用プラグインを使っている。

記事を投稿したときに自動的にそのことをTwitterに投稿する機能があるんだけど、これは記事名+URLだけしかツイートとして送ってくれない。いちいち記事タイトルつけるのが面倒くさいから、記事タイトル=カテゴリー名で運用しているとこれじゃーどんな記事なのかさっぱりわからない。

というわけで、適当にソースを見ていじってみた。WordPressの管理ツールでプラグインのソース編集からtwitter-tools/twitter-tools.phpを選び、適当にそれっぽいところを変更してみる。539行目辺りに、

[sourcecode language="php"] $tweet->tw_text = sprintf(__($this->tweet_format, 'twitter-tools'), @html_entity_decode($post->post_title, ENT_COMPAT, 'UTF-8'), $url); $content = preg_replace('/\s+/m', ' ', html_entity_decode(strip_tags($post->post_content), ENT_COMPAT, 'UTF-8')); $tweet->tw_text .= ' / ' .$content; $tweet->tw_text = mb_substr($tweet->tw_text, 0, 136, 'utf8') . '...'; [/sourcecode]

って感じで追加。この記事を投稿したらTwitterに本文概要が送られたら成功。管理ツールから適当に修正したプラグインが一発で動くか! 奇跡を信じて!

うーん、更新されない。Twitterへの投稿自体がうまくいっていないから、根本的に動いていないっぽいな。これプラグインの動作ログを管理ツールから確認できたりしないのかな?

よくわからないが、投稿するツイートを120文字+"..."に変更したら動いたっぽい。文字数の問題だった? まあいいや。

ああ、わかった。mb_strcutの第4引数でエンコーディングを指定していなかったから、mb_strcutが正しく動作していなかったっぽい。たぶんこれでちゃんと動くだろう。

追記@2012/01/27)この記事を検索してくる人がいるんで、追記。Twitterの文字数カウントはバイト数じゃなくて文字数だから、mb_strcutじゃなくて、mb_substrの方だった。ということで上記ソースコードは修正してある。mb_strcutだと投稿される本文の抜粋の量がものすごく少なくなるので注意。

Published At2011-11-07 18:00Updated At2011-11-07 18:00

ニュース記
ニュース記Edit

徳丸浩の日記: PHP5.4のhtmlspecialcharsに非互換問題

PHP5.4.0から、htmlspecialchars関数のデフォルト文字エンコーディングがISO-8859-1(Latin-1)からUTF-8に変更 PHP5.4の仕様により文字エンコーディングがUTF-8とみなされた場合に、Shift_JISやEUC-JPの2バイト文字が入力されると、高い確率で「UTF-8として不正」というエラーになり、htmlspecialchars関数の出力は空になります

というとても致命的な非互換性が発生している模様。htmlspecialcharsの第3引数未指定で、出力エンコーディングがUTF-8以外の場合に正しく出力されない(エスケープしようとした場所の出力が欠ける)=動的生成部分がまともにHTML出力されなくなってしまう。

これなんで、第3引数を未指定=内部エンコーディングがデフォルトで使われる、になってないんだろうな。

【西川和久の不定期コラム】 ASUS「ZENBOOK UX21E」 ~ASUS初11.6型WXGA解像度のUltrabook

ベンチマークや評価は悪くないんだけど、西川氏の文章に少しも心がこもっていない気がするのは気のせいか。スペックはいいけどあまり好きじゃない、って感じなのかな?

クビサ、F1復帰さらに遠のく: 近日中に再び手首を手術 : F1通信

楽観的な予測がどんどん後ろにずれていくという展開は、かなりだめな感じだな。本当に大丈夫なら、正確な診断と回復スケジュールになっているはずだし。もうF1のトップレベルには戻ってこれないかもな。

ウィリアムズ、ライコネンが2012年の選択肢であることを認める : F1通信

これもあまり前向きじゃない話だなー。F1に対するモチベーションを失って2年ラリーでぱっとしないシーズンを過ごしたライコネンを、最悪のシーズンを過ごしているウィリアムズが迎えるって、なんか全然いい結果が出せるイメージがわかない。

発展途上国でのF1開催の危うさ: 韓国 中国 トルコ インド... : F1通信

インドGPはF1カレンダーにとって素晴らしい追加であると判断されたが、数年経たなければ本当の判定を下すことができない。

その2週間前、我々は韓国の2回目のレースのために霊岩サーキットにいた。ここも工事の問題に悩まされたサーキットであり、レース開催を承認する査察が大幅に遅れた。しかし1年後、韓国では事実上何も変わっていなかった。

トルコGP、中国GP、韓国GPの長期的展望が健全に見えたことがない

F1はモータースポーツ文化という意味合いも大きいイベントだから、ひとまず短期的にお金をかけて1回開催すれば後は何とかなる、とはいかないからなー。まじめに文化として根付かせる長期展望を持たずに参入してもいいことない。日本にも確か似たようなことをやらかした自動車メーカーがあったよねー、トヨタさん。

ルカ・ディ・モンテツェモロ 「規約が変わらなければフェラーリはF1を辞める」 : F1通信

もう消化試合になっているレース自体よりも、こういうオフシーズントピックの方が楽しい季節だね。
彼は、制限が多く、過度に空力学に依存したルール、テスト禁止、チーム当たりマシン2台の制限が、フェラーリの主な懸念であると感じていると強調した。
今のF1は些末な部分を拡大した技術競争になってしまっていて、モータースポーツとしてまっとうな技術競争をしているように見えない。地道な技術開発の蓄積よりも、天才による発明的なひらめきとか、レギュレーションの隙間を縫ったずるがしこい抜け道とかの方が、重要になってしまっている。また、資金が少ないチームでも参戦できるようにして、新規参戦チーム数を無理矢理増やしたことが、何かいい結果をもたらしているようにも見えない。F1レベルに達していないチームは、下のカテゴリーで結果を出してからF1にステップアップしてくればいいし、そういう道筋を作った方がいいんじゃないか。

aguuu | Xcode 4.2で追加された機能 特にStoryBoard

このStoryBoardを使えば画面遷移の部分もIB側で設定することができるみたいです
単に情報を表示するだけ、みたいな紙芝居アプリはこれだけで作れちゃうのかな。

4Gamer.net ― 新世代のヘッドマウントディスプレイは買いか? ソニー「HMZ-T1」徹底検証

レースゲームとかフライトシミュレータとかFPSとかやると楽しそうだな。映画とか見るとどんな感じなんだろう?

ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : LASIK(レーシック)手術の術後1年間はどこの施設であっても関連する診療は自費診療となります。そのためレーシック難民がさらに困ったことになっています

レーシック手術は健康保険適応外の治療なので、術後1年間はどこの施設であっても自費診療となるルールがあります。 レーシック手術を受けられた方の中に、そのことを知らない方が意外と多いようです。

レーシックを行っている施設は、手術後の定期検査やお薬についても手術費用に含まれているところが多いようですので、術後の気になることがあれば手術を受けられたところで治療を受ければ無料で治療をしてくれるようです。 手術を受けられる前には必ず術後の費用を含まれているのか、術後検診やお薬の費用が含まれているのは確認されたほうがよいでしょう。 せっかく安いところで手術を受けても、もしも術後のトラブルが起こったときに、そこのクリニックでも改善しなければ他の眼科で自費診療を受けなければならずかえって治療費が高くついてしまいます。 また、このような悲惨なレーシック難民にならないためには、手術の費用の安いので選ぶのではなく、術後のケアのしっかりしているところで受けられることをお勧めいたします。

だそうだ。遠くの病院で手術を受けたりするのはもってのほかって感じだな。

 JavaScriptでリアルタイムに音を鳴らす方法を3つほど - つまみ食う

JavaScriptでリアルタイムに音を出すときに簡単便利なやつつくった - つまみ食う

JavaScriptから音声波形データレベルで音を鳴らす方法があるんだね。

Published At2011-11-07 17:19Updated At2011-11-07 17:19

日記
テニス観戦記Edit

※年間ランキング表じゃなく、今年のレースランキング表見て書いていたので、あちこち修正

今日(2011/11/7)付のATPシングルスランキング出た。錦織は1500ポイントで24位。35位までのランキングを貼ると、以下のような感じ。

順位、名前(国籍) ポイント 順位変動 出場対回数
Djokovic, Novak (SRB) 13,785 0 19
Nadal, Rafael (ESP) 10,375 0 20
Murray, Andy (GBR) 7,780 0 19
Federer, Roger (SUI) 7,530 0 19
Ferrer, David (ESP) 4,390 0 23
Soderling, Robin (SWE) 3,320 0 23
Berdych, Tomas (CZE) 3,230 0 24
Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,935 0 24
Fish, Mardy (USA) 2,875 0 23
10 Monfils, Gael (FRA) 2,525 0 23
11 Almagro, Nicolas (ESP) 2,380 0 26
12 Del Potro, Juan Martin (ARG) 2,315 2 22
13 Tipsarevic, Janko (SRB) 2,305 0 27
14 Simon, Gilles (FRA) 2,200 -2 28
15 Roddick, Andy (USA) 2,030 0 21
16 Wawrinka, Stanislas (SUI) 1,900 3 23
17 Dolgopolov, Alexandr (UKR) 1,880 -1 29
18 Cilic, Marin (CRO) 1,745 2 25
19 Troicki, Viktor (SRB) 1,730 -2 25
20 Gasquet, Richard (FRA) 1,720 -2 21
21 Lopez, Feliciano (ESP) 1,675 0 28
22 Mayer, Florian (GER) 1,675 0 26
23 Verdasco, Fernando (ESP) 1,595 1 26
24 Nishikori, Kei (JPN) 1,500 8 26
25 Isner, John (USA) 1,450 -2 25
26 Stepanek, Radek (CZE) 1,355 -1 27
27 Melzer, Jurgen (AUT) 1,350 -1 24
28 Granollers, Marcel (ESP) 1,335 6 25
29 Raonic, Milos (CAN) 1,290 -2 23
30 Chela, Juan Ignacio (ARG) 1,280 -2 28
31 Ljubicic, Ivan (CRO) 1,280 0 22
32 Llodra, Michael (FRA) 1,265 -3 23
33 Anderson, Kevin (RSA) 1,235 -3 28
34 Monaco, Juan (ARG) 1,200 7 26
35 Bogomolov Jr., Alex (USA) 1,170 -2 31
トップ4は別格の存在。1、2位間のポイント差が3400、2、3位間のポイント差が2500、3、4位間のポイント差は250と縮まっているけど、4、5位間の差は3100ポイントくらいある。ATP500クラス以上の大会で優勝複数回+相手は全部1回戦負けとかじゃないと縮まらない差。自称人類最強(=トップ4は人類ではない)のフェレールも頑張ってるけれども、それでもトップ4にはまだまだ追いつけそうもないね。ただその下のソダーリンとの差を1000ポイントほどつけているけど。

それ以下は、大きめの大会の好成績があれば順位が上がっていく100ポイント単位での争い。錦織はその中でもトップ10が具体的に見えつつあるポジションまで上がってきた。今の10位のデルポトロが2415ポイント。錦織とのポイント差は約1000ポイント。ATP1000クラスの優勝1回で追いつける。

といっても現実的にはまだそこまで一気にポイントをかさ上げするのは難しいんで、全体的に少しずつかさ上げしていくのが来年の目標か。現時点での錦織のポイント内訳は、

グランドスラム
獲得日 大会名 結果 ポイント 失効日
17.01.2011 Australian Open R32 90 30.01.2012
22.05.2011 Roland Garros R64 45 04.06.2012
29.08.2011 US Open R128 10 10.09.2012
20.06.2011 Wimbledon R128 10 02.07.2012
ATP1000
獲得日 大会名 結果 ポイント 失効日
09.10.2011 ATP World Tour Masters 1000 Shanghai S 360 15.10.2012
14.08.2011 ATP World Tour Masters 1000 Cincinnati R64 35 20.08.2012
23.03.2011 ATP World Tour Masters 1000 Miami R64 25 02.04.2012
10.03.2011 ATP World Tour Masters 1000 Indian Wells R128 10 19.03.2012
01.05.2011 ATP World Tour Masters 1000 Madrid R64 0 07.05.2012
ATP500
獲得日 大会名 結果 ポイント 失効日
31.10.2011 Basel F 300 05.11.2012
18.04.2011 Barcelona R16 45 23.04.2012
その他ポイント有効大会
獲得日 大会名 結果 ポイント 失効日
04.04.2011 Houston F 150 09.04.2012
26.09.2011 Kuala Lumpur S 90 01.10.2012
12.06.2011 Eastbourne S 90 18.06.2012
21.02.2011 Delray Beach S 90 27.02.2012
08.11.2010 Knoxville CH W 80 14.11.2011
03.01.2011 Chennai Q 45 09.01.2012
07.05.2011 ATP World Tour Masters 1000 Rome Q Q2 25 14.05.2012
その他ポイント無効大会
獲得日 大会名 結果 ポイント 失効日
21.08.2011 Winston-Salem R16 25 27.08.2012
07.02.2011 San Jose R16 20 13.02.2012
16.09.2011 Davis Cup - 15
12.02.2011 Memphis Q Q2 10 20.02.2012
15.11.2010 Champaign CH R16 7 21.11.2011
03.10.2011 Tokyo R32 0 08.10.2012
20.08.2011 Winston-Salem Q Q3 0 27.08.2012
13.08.2011 ATP World Tour Masters 1000 Cincinnati Q Q2 0 20.08.2012
06.06.2011 London / Queen's Club R64 0 11.06.2012
25.04.2011 Belgrade R32 0 30.04.2012
最大2000×4ポイント稼げるグランドスラムでの獲得ポイントが少なすぎるのが、一番目立つ。来年は32シード以内からスタートできるので、ここだけで500ポイント以上は稼ぎたいところ。どこかでQFに出られればノルマ達成できるかな。

あとATP1000も来年は本戦からの出場になるし、場所によってはシードもつくだろう。安定して2~3回戦まで勝ち残れたら、ここでのポイントも倍以上に増やせそう。

そして、ATP500。来年はたぶんコミットメントプレイヤーになれるから、ATP500大会にも自由に出られる。今年は2大会分しかカウントされていないけど、来年は出たいATP500大会におそらくはシードで出られることが多いはず。そうしたら、ここのポイント数もものすごく伸びるだろう。

ATP250クラスの大会は、ほかの大会に出場するスケジュールを組んだ上で、その間で都合のいい大会や待遇のいい大会に出ていく感じだろうなー。アジアとかの大会なら、アピアランスフィー付きで勧誘されるようになったりして。

と、来年は今年と比べて格段と、錦織にとって都合のいいツアースケジュールで回る権利が得られる。今年よりも格上の大会を中心に回ることになるけれども、シードがつくことが多いから、序盤の対戦相手は今年よりも楽になる可能性も高い。しかも、錦織は強い相手に弱い(上位ランカーに勝てない)タイプではなく、誰相手でもそれなりに戦えるタイプだから、レベルが高い大会中心に回った方が絶対効率がいいはず。

怪我をしたりせず、しっかり1年間ツアーを回れれば、確実に現状以上のランキングが見えてくるはず。まだパリが残っているけれども、ここまで来たらもはやパリでの獲得ポイントはあまり関係ない(といいつつ、パリで30位以下の選手が活躍して、コミットメントプレイヤーの権利を失ったらいやだが)。怪我をしないようにしっかり戦いつつ、オフの期間に来年のスケジューリングと体調管理をしっかりやっておいて欲しいなー。

そして、来年1年で人外の化け物たち(トップ4)との対戦経験をさらに増やして、あのレベルで対等に戦うための牙を磨いて、再来年には本格的にトップ4に挑戦していって欲しい。というのが理想的な展開。本当に長期離脱するような怪我だけはしてくれるなよ。

Published At2011-11-07 11:46Updated At2011-11-07 11:46

テニス観戦記
テニス観戦記Edit

ITF100000ドル台北の結果。

  • 森田 def. 伊達 6-2 6-2
森田余裕で勝利か。まあまっとうな結果だよな。森田ここで伊達に負けるようだと、本当に将来の明るい展望が見えなくなってきちゃうだろう。伊達の技術ならば、調子がいいときならば森田の強打をいなす or カウンターで倍返しすることができたかもしれないけど、まあ連戦での疲れもあっただろうな。

さて、ATP500バーゼル決勝、フェデラー vs. 錦織。

フェデラーは相手を研究して戦うタイプだから、錦織とこういう舞台で初対戦というのは、あまり嬉しくない当たり方だろう。錦織がフェデラーの通常の戦い方の範囲で対応できる相手ならば、それでも特に問題ないけれども、本来は錦織向けにアレンジした戦術を使いたいようなタイプだったら、それなりに苦しめることができそうだ。ただ、錦織は試合中のレベルの上下(後半大幅に上がることが多い)が激しいから、どちらにしろその辺りは読みにくいだろうけど。

フェデラーはトスに勝ってレシーブを取ったそうだ。基本サーブを取りたがるフェデラーにしては珍しい。錦織のサーブゲームの弱さを知って、最初からブレイクして一気にたたきつぶしにくるつもりか?

なんだこの錦織の立ち上がりの良さ。と思ったら40-0から5ポイント連取されてブレイクされた。なんじゃそりゃ。次のフェデラーのサービスゲームは楽々キープ。次のサービスゲームは何とかキープできて、ベーグルは免れた。

ベースラインからのストロークは、十分戦えているように見える。ただ、相手の球が浅くなったときに嵩にかかって攻める能力の高さは、フェデラーがすごいな。錦織は実はちょっと浅くなった球を安定して決める能力が、トップ選手の中では結構低い方かも。ベースラインからの攻撃力は高いのに。

うーん、結局ファーストセットは1-6でフェデラーか。しかも最後はダブルフォルト。最近あんまり使っていなかった、アドサイドでポジションをだいぶワイドよりにずらして打つファーストサーブとか使っていたし、サービスゲームがだいぶ苦しいんだろうな。

せめて2-6だったら、結構戦えている感が出るんだけど、1-6だとかなり圧倒的な展開っぽくなっちゃってきつい。錦織がセカンドセットでギアを上げてこれるといいんだけど、多少の変化じゃフェデラーがたたきつぶしにきそうで怖いな。

すげーな錦織。ただのボレーじゃ間に合わないから、めっちゃスイングボレーで叩いて、なんとかキープできた。そしてだんだんストローク戦の質が上がってきたな。

やっぱりフェデラー強い。サーブもストロークもボレーも、何をやらせてもレベルが高い。錦織もセカンドセットの後半はだいぶレベルを上げてきて、特にフェデラーのサービングフォーチャンピオンシップのゲームでは、何とかブレイクポイントを握るところまではできたけど、ブレイクすること自体は阻まれたのが残念。

  • フェデラー def. 錦織 6-1 6-3
フェデラー相手だと、錦織は序盤から大事なポイント&ゲームは最終ゲーム並のクオリティを維持しないと、まともに戦えないだろうな。ただ、めいっぱいギアを上げれば十分フェデラーについていけそうではあったんで、それは今回の収穫。

ストローク戦は、普通に打ち合ってるだけだと先にものすごい球を打ち込まれてしまうし、ちょっとでも浅くなるとほぼ一発で決められてしまうから、フェデラー相手の場合は攻撃できそうな球があったら錦織の方から先に攻撃していかないとだめだな。ものすごくリスキーでプレッシャーのかかる戦いかただけど、フェデラーはそれができるプレイヤーだから、対抗するには同じことができるようにならないとだめか。

あとやっぱりサービスゲーム。ファーストサーブが入っていれば結構戦えていたけど、確率が悪すぎる(ファーストセット40%、セカンドセット51%)し、入らないときに連続して入らなすぎる。セカンドサーブは徹底して前に出て叩かれて、しかもほとんどフェデラーはミスをしてくれなかったからなー。GS決勝でフェデラーに跳ね返されたマレーも、セカンドサーブをあんな感じで叩かれていたな。

まずファーストサーブの確率の向上、あとできるならばセカンドサーブの質の向上。ただ、マレーほどのフィジカルがあってもセカンドサーブの質はなかなか向上できなかったからなー。フェデラーみたいに強いセカンドサーブはどうやったら身につくんだろう。ジョコビッチも去年後半からセカンドサーブがすごく強くなったな。キックサーブのキック量とコースの自由度が鍵なんだろうか。

ともかく、ファーストセットは全然勝ち目ないなって感じだったけど、セカンドセットは勝ち目がないなりに、かなりまともに戦えるようになっていたし、初めての対戦としてはそれなりに満足だった。ファーストセット×2みたいな感じだと、いくら相手がフェデラーでもがっかり度が高くなってしまうからな。次はもっといい戦いをして欲しい。ところで錦織はパリにも出るつもりなのかな?

ATP500バレンシア決勝の結果。

  • グラノジェルス def. モナコ 6-2 4-6 7-6(3)
グラノジェルス(って読むのね)の勝利。

ATP1000パリ予選の結果。

  • ヤング def. ニーミネン 6-4 6-2
  • セッピ def. クエリー 6-7(2) 6-1 6-1
  • マウー def. クボット 6-1 6-4
  • コールシュライバー def. クレメン 7-5 1-6 6-1
  • ヒラルド def. Paire 6-2 6-7(3) 6-4
  • スタコフスキー def. クニツィン 7-6(1) 6-7(3) 6-3
錦織の1回戦の相手は結局スタコフスキーになった。錦織の体力はどのくらい回復するだろうか。もちろん初日には試合が組まれていないから、2日目以降の試合になるけど、スイスからの移動と休息と練習が間に合うかなー。

Published At2011-11-07 06:53Updated At2011-11-07 06:53

感想記
感想記Edit

東京都SUMMER-ZOO 2011/10/20

この番組、というか、さま~ずの深夜番組って迷走しまくりだけど、結局さま~ず自体の人気がそこそこあるせいで、いまいちできが悪い番組でもだらだらと続きつつも、安定して長続きしない。この番組はその典型か。もっとまじめに作ればいいのに。

若手のネタ番組がなくなってきたから、ネタコーナーも入れてきたか。

東京都SUMMER-ZOO 2011/10/27

迷走中。

東京都SUMMER-ZOO 2011/11/3

大竹と三村の二人に誘われたらどっちに行くか企画。さま~ずじゃなきゃ成立しないかもなー。

あの音痴はなんであんなに音を合わせられないのかよくわからないな。

芸人報道 2011/11/1

ビビる大木ってなんでこんなに使われてるの? おもしろいこと言っている記憶がないんだけど。確かに毒がなく無難に場をつなぐ能力には長けているけれども。

青木さやかがビビる大木の天然ぶりを語っているのを見ると、おまえも似たレベルの天然じゃん、とちょっといらっとするのは、たぶん有吉が青木さやかに対して感じているのと同じような気持ちじゃないだろうか。似たようなこと自分が言われると、カメラが回っている間はちょっと引きつりつつも無難にこなしつつ、カメラが止まった後に陰でぐちぐちいいそうだ。まあ俺が青木さやかを嫌いなだけなんだけど。

結局ビビる大木は天然でいい人なところが人間として好かれていてあちこちで使われているのか?

Published At2011-11-06 22:52Updated At2011-11-06 22:52