Eclipse使っている人はSubversion 1.7系へのアップデートはもうちょい待ったほうがいいかも

追記@2012/02/03)解決したよ→今日の検索キーワード:ASP.NET MVC3、Subversion 1.7+Eclipse動いた

WindowsでSubversion関連を扱うためのツール類をいろいろ使っているわけだ。具体的には、TortoiseSVNとか、EclipseのSubversionプラグイン(Subversive、Subclipse)とか、VisualStudioのSubversionプラグイン(AnkhSVN)とか。

で、各開発環境(IDE)を使うときにはそれぞれの開発環境用プラグインを使い、そうじゃない場合はTortoiseSVNを使っているわけなんだけど、TortoiseSVNは結構よくアップデートされていて、アップデートがあると起動時に「アップデートしないかい?」というダイアログが出る。

でまあ、Explorer拡張であるTortoiseSVNのアップデートはたいてい再起動を伴うんで、面倒くさくて「いいや、アップデートしない」としておくんだけど、しばらくアップデートしていなかったんで久しぶりに「いいよ、アップデートしても」と返事をした。まあTortotiseSVNのアップデートは今まで問題が出たことなかったし、特に何も考えずに。

で、アップデートしてから普通に使おうとしたら、「Working Copyの形式がSubversionの1.7形式になっていないから、1.7形式にアップグレードするかい?」と聞かれた。へー、今回のアップデートはその辺も変わったのかと「いいよ、やっちゃってよ」と返事をしたら、いろいろ問題が出た。

このフォーマット変更は、結構互換性がない変更だったのね。っつーか、.svnフォルダをルートのみに置くようになったのか。それはすげー便利。けど、Subversion 1.7形式に対応していない古いプラグイン達からこのWorking Copyを扱えなくなってしまった。くそー、Subversion関連のアップデートで今更こんな互換性がない代物が発生するとは。油断していた。

それでもまあ、VisualStudioプラグインであるAnkhSVNに関しては、ちゃんとSubversion 1.7以降に対応したバージョンがすでにリリースされていたんで、それにアップデートしたらちゃんと扱えるようになった。ありがとう。

しかし、Eclipseプラグインの方は、今までSubversiveを使っていたんだけど、こちらはまだSubversion 1.7形式に対応していない。試しにSVNKitの1.7対応アルファ版をインストールしてみたりしたんだけど、だめだった。

Subclipseは1.7対応版が出ているんだけど、今までSubclipseがちゃんと動いたことないんだよなー。インストールして動かそうとしても、JavaHL関連の依存関係エラーが出る。32ビットJava環境で動かしているはずだけど、OSはWindows 7 64ビットなんで試しにSilk SVNの64ビット版を入れてみたりもしたけど、状況は変わらず。

というわけで、結局現時点でEclipseのSubversion関連プラグインをSubversion 1.7形式に対応させるのは挫折。

まあそのうち標準的なアップデートインターフェースからアップデートされてくるだろうし、TortoiseSVNが使えるんでEclipseプラグインが使えなくても使い勝手が大幅に悪くなるわけじゃないんだけど、まだ1.7系にアップデートしていない人でEclipseも使っている人は、1.7系にアップデートするのはしばらくやめておいた方がいいと思う。

まあ、Working Copyを1.7形式にアップグレードせずに使い続ければいいんだろうけど、TortoiseSVNで新規にcheckoutしたWorking Copyを後からEclipseでマウントしようとしたら、SVNアクセスがうまくいかない、とかの罠にはまるのも面倒だし。

関連する投稿:

    None Found