Twe-td – what is tweeted in the world ? -を作りました。会社を辞めました

Twe-td(ツイーティド) [http://twe-td.net]というサービスを作りました。

これは何かというと、Twitter上でつぶやかれているツイートに含まれるURLを収集・解析し、世界中でどんなWebサイト、ツイート、ムービー、写真、グッズなどの話題が注目を集めているのかを、シンプルなインターフェースでみることができるサービスです。

「世界中で」というところがポイントで、Twe-tdでは収集した情報をつぶやかれた「言語」を軸に区分しています。

たとえば、トップページから「Let’s go!」で飛んだ先は「表示する種類:ツイート(Tweets)」+「表示する言語:全言語(All languages)」となっており、この記事を執筆している時点では、以下のような内容になっています。

表示する内容は、画面上下にあるナビゲーションから変更することができます。

twe-td-selector

一番左が表示する種類の選択肢で、「All(全種類)」「Tweets(ツイート)」「Movies(ムービー)」「Pictures(写真)」「Goods(グッズ)」から選べます。

真ん中が、対象となる言語の選択肢で「All languages(全言語)」「English(英語)」「Japanese(日本語)」を始め、Twitter上でツイートされている様々な言語が選択できます。一応投稿されているツイートが多い順に並んでいます。

一番右は対象の日付(GMT)となります。データ収集プロセスを動かし始めたのは2014-02-20くらいなのですが、いろいろ試行錯誤があり、まともにデータが取れ始めているのは2014-03-02以降となっています。

たとえば「表示する種類:ツイート(Tweets)」+「表示する言語:日本語(Japanese)」にしてみると、以下のような内容になります。

これをスペイン語(Spanish)のムービー(movies)に変えると、以下のようになります。

「ツイート」などは知らない言語だと内容がさっぱりわかりませんが、「写真」や「ムービー」ならば違う言語でもなんとなくわかるもの。言語圏の違いによって、流行にどのような違いが出てくるのか、わからないなりに眺めていても楽しいものです。

また、もうちょっと情報がたまってきたら、同じ言語でも「何月何日頃にはどういうものが流行っていたっけ?」みたいな探索にも使えるかもしれません。

ちなみに、ツイーター上に流れる大量のツイートから無作為にデータを収集しているため、収集結果にはいわゆる「公序良俗に反するもの」が含まれている場合があります。その場合、各URLのそばに表示されているゴミ箱マークをクリックしてもらえると、そのコンテンツを画面から削除することができます。

この削除行為は運営側にも通知が来るようになっていて、ユーザー削除が多いコンテンツはサーバー側でも削除されますので、やばそうなコンテンツを見かけたらまめに削除していただけると助かります。

「公序良俗に反するもの」の規定は明確に定めていませんが、ひとまずは「日本の法律的にNGなもの」は削除していこうかと思っています。また、「自動生成アカウントによる大量操作」「釣りアプリによる権限奪取を使った大量操作」なども、スパムとして削除対象にするつもりです。

まだ開発し始めたばかりですが、自分で使ってみてなかなか面白そうな感じにできてきつつあるので、興味を持った方は是非使ってみてください。

あと私事ですが、長い間お世話になった株式会社ジョルスを3月一杯で退職することになりました。在職中にお世話になった方々、今までありがとうございました。

関連する投稿:

    None Found